トップページ | BMW・ベンツ等の輸入車専門店!買い付けから登録、メンテナンスまでESオートにお任せ下さい

 会社概要

h

 

 お問い合わせ

top

home

当社が選ばれる理由

サービス紹介

会社概要

  在庫車情報 

お問い合わせ

2016.2.26

ホームページをリニューアル致しました。
今後ともE.Sオートを宜しくお願い致します。

2016.2.15

当店ではお客様のご希望の車をお探しするオーダー販売もおこなっております。輸入車・国産車・限定車・希少車 なんでもお任せください!詳しくはこちら

2016.2.1

当店ではRaceChipの販売もおこなっております。
詳しくはこちら

 

 

 

 

04’モデルの BMW Z4 3.0L SMG のシフトチェンジ不能 修理





1月4日にホームページをご覧頂いたお客様からお問い合わせ頂き、セミオートマの Z4 SMG が1速に入ったままでエンジン始動不能に陥り、リヤタイヤがロックされたままで動かすことすら出来ず、レッカー依頼して修理の為に当方の近くのディーラー・サービスに入庫しているとの事。

お客様が修理見積もりを取ったところ「SMG ユニットAssy 交換」で、総額67万円余りの修理費用との事で見積書がメールに添付され送られてきました。

その見積書を見たところ、一般的にシフト不能になった時に行われる修理内容なのですが、Z4用の SMG ユニット が他の SMG車 のそれよりかなり高いのです。

このお客様は購入して1週間・150kmでこの状態に陥り、無保証車で有った為に泣く泣く修理の為にディーラーに持ち込んだらしいのですが、あまりに高額な修理金額に困られ当方に問い合わせされたとの事でした。 

ディーラーの修理内容自体に過剰整備ではないと思ったのですが、金額的なことと、購入されて間もないことからあまりに気の毒で何とか出来ないものかと、当方も良くお世話になっているディーラーでもある為、

年明け早々の1月5日に年始の挨拶を兼ねてディーラーに出掛けて故障の主原因を教えて頂き、その内容から SMGの油圧低下 であると判断し、油圧が戻れば正常に機能するかの確認を取って戻りました。

 当初はドイツからパーツ(ユニット)輸入を考えましたが、SMGの一部パーツ の交換で直ることも判明し「主原因の交換修理」で直す事をお客様に提案し、費用がはるかに低く抑えられるために、お客様も「その修理内容で良い」との事からパーツ手配に時間が掛かるかもしれない事を了承頂いた上で、取り合えず国内で探してみたところ偶然にもすぐに見つかり、早速に手配し2日後に届きました。


早速このパーツを交換すべく提携工場に持ち込み作業開始となりました。作業自体は難しくは無いのですがユニット自体を外し部分交換するので、交換取り付け後には SMGのリセット・調整の為に診断器に掛ける必要が有りましたが、それも解決できて正常に作動するようになり、テスト走行では マニュアルモード・オートモードとも順調で何事も無かったかのように調子良く走れるようになりました。

 確かに交換したところ以外も時間経過していますし、距離もそれなりに走っているので劣化している事は否めませんが、それを考え出すと何もかも新品に変える必要もあり、今回はコレで当分は大丈夫だろうと判断して修理させて頂きました。


 

一般的に セミオートマ車のミッション関連の修理は高い と言われておりますが、故障内容の主原因が判明し交換可能なら費用は格段に抑えられます。

ユニット交換した方が無難なのは間違いないですが、そこまでするならクラッチOHもした方が良く、また費用が余分に掛かります。

当方では、お客様の要望と状況を判断した上で、このように維持費をなるべく抑えて輸入車を楽しんで頂けるように努めております。私自身の経験上、このようにして維持して参りましたが大抵はそれでOKです。ただし稀にそうでないこともあるのは事実です。

ただ、一般的に 輸入車は壊れる・修理費が高い・維持費が大変 と思われる事多いですが、決してそんなことなく内容を具体的に詳しく説明させて頂き、理由と原因をお分かり頂くと殆どの方に納得して頂けますし、費用も国産車並みとまでは言いませんが少しだけのエクストラマネーで十分維持して行けます。

お困りのことがございましたらご相談下さい、出来るだけ可能な事を探り出して対応させて頂きます。